**抜き加工の種類**

**抜き加工の種類**

今回は、抜き加工について

当社では、抜き加工は、大きく分けてハーフカット(ハーフ)、ハーフカット外周め くり(ハーフでめくり)、全抜きの3タイプございます。

その3つのタイプを、ガストで頂いたアンパンマンのステッカーを使って説明しま す。
尚、このステッカーは弊社の製品ではございません。

1.ハーフカット

台紙(剥離紙、セパレータ)を切らずに表面の印刷シールだけ刃を入れてカットして います。
キャラクターの絵柄に沿って刃が入っております。使うときは、シートからキャラク ターの部分だけはがして貼り付けます。

全体的に絵柄も綺麗でにぎやかです。キャラクターがない部分は不要ですが、そこに キャラクターの名前を印刷したり背景を入れることで楽しい雰囲気になります。但 し、必要な部分をめくるのに少し手間取ることがあります。

2.外周めくり

それでは、不要な部分をめくって取り除いてみましょう。キャラクターの外周部分を はがして(めくって)取り除くので外周めくりと呼んでいます。
下の写真が、外周めくりした状態です。

ずいぶんスッキリしました。しかし味気がなくなってしまいました。
しかしこれだと、必要な部分(キャラクター)がまずどれか見分けることは先ほどの ハーフカットより簡単です。必要な部分が見つけやすい。

また、キャラクターを台紙からはがすのも段差があるのではがしやすいです。
すなわち、見た目よりも作業効率が優先される工業用途では、ほとんどがこの仕様に なります。

3.全抜き

最後に、シールの形に沿ってハサミで切って見ました。これを弊社では全抜きと呼ん でいます。一つ一つがバラバラになることから、バラ仕上げと呼んだり、バラ納品と 呼ぶこともあります。

一つ一つが、単体なのでひとつの袋に一つだけ入れるといった使い方をされる場合に はこの仕様になります。例えばカー用品を買ったときに付属でついてくる両面テープ などはこのタイプになります。

バラバラで使えますが、剥離紙をめくるのがやりにくい。数管理がやりにくい。バラ バラになったテープとテープをひとつの袋に入れるとテープどうしくっつきやすい。 といったデメリットがあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社 ホウライ  宮下 順和
〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
            
mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp
URL: www.hourai.info/

TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++