*20年の軌跡・その1*

NO IMAGE

*20年の軌跡・その1*

どーも、ひぐっちゃんです。
3月に入り、大分暖かくなってきましたね。
全国で猛威を振るっているインフルエンザの波が、とうとう我が家にもやってまいり ました。末っ子がインフルエンザB型に。
今のところ本人以外は感染なし。
何とかこの波は、末っ子でとどまってほしいものです。
手洗い、うがい、基本的なことをしっかりやっていきたいと思います。

さてさて、以前のブログでも紹介しましたが、わたくし今年で勤続20年目。
せっかくなんで、その20年の華麗なる(?)軌跡を簡単に紹介できればと思っておりま す。
いっぺんに紹介ももったいないので(そんなこともないですが)、少しずつご紹介を。

今から20年前の1998年。
前職を倒産という形で退職した私は、次の就職先をどうするか、悩んでいました。
前職は製造業。
こうなってしまったから、全く違う業界に行ってみたい。
倒産と縁遠い、大きな会社に就職したい。
突然職を失う「倒産」という出来事が、現実を遠ざけ、理想を追う形を作っていまし た。

そんな状態では、面接までもたどり着けない。

理想と現実との間でもがき、苦しんでいました。

「とりあえずバイトして稼がなあかんな」

てっとり早く働くために、お中元の配達のバイトを始めました。
一つ運んで100円の出来高制。
1日100ヶ運んだら日給1万円。

「よし、目標30万!」

無謀にも、7月休みなしのスケジュールを組んで配達業務に取り組みました。
担当エリアはマンションや団地が多いところを希望。
理由は、
・人がたくさん住んでいる
・移動距離が少なくて済む
・だけどたくさん荷物を扱える

少ない時間で多くの荷物を運ばないと、希望の収入にならない。
我ながらいい考えだと思い、せっせと業務をこなしていました。

しかし、お中元といえば、夏。
夏の贈り物といえば、、、ビールが主流です。

ビールの贈り物が8割〜9割近くになり、中には瓶ビールでケース単位の贈り物が。
その送り先が、団地の最上階。しかもエレベーターなし。。
今では腰を悪くしてしまいますが、若さあふれる私は、担いで5階、6階と登って運ん でました。
しかし、最悪なのが留守の場合。
担いで持ってあがって、留守なので持って降りる。
またもう一回持っていかなきゃいけない。。。
同じことを2回しても、配達完了してないので金額は同じ。
次からは、在宅の時間帯に絞って、配達をするようにしました。

配達の仕事をしていると、
「どうやったら効率よく運べるか」
「より多くの荷物を運ぶにはどうしたらいいか」
など、日々考えながら仕事をするようになりました。
考えて行動し、うまくいく。その繰り返しで、少しずつ前向きな気持ちになっていき ました。それと共に、次の就職先はどんな会社がいいかと考えるようにもなりまし た。

エリアには個人宅だけではなく、会社への配達もあります。
いろいろ考えていた私にとっては、納品のたびに行く先々の会社の雰囲気や働いてい る人の様子を見て感じていました。

配達の時、だいたいの会社は、

「荷物事務所まで持って行って!」

と言われ、目の前にいるのに対応してくれないところが多く、まあそれが当たり前と も思っていました。

そんな中、ある会社へいつものように缶ビールやジュースの詰め合わせの配達に行っ た時のこと。

私が重そうに運んでいると、

「にいちゃん!重いやろ?持ったげるわ。暑い中大変やな」

と、声をかけてくださいました。そんなことされたことなかったため、

「いい会社やな」

と感じました。ふと会社の外壁を見ると、求人の貼り紙。

「社員募集中なんや」

いつものように、会社の雰囲気を確認しつつ、追われている配達業務をこなしていき ました。

その会社がホウライ。
これが私とホウライの最初の出会いです。
この時は、自分がこの会社で働くとは思ってもいませんでしたが。

ここから、どうやって入社に至るのか。

続きは、またの機会に。
(機会があるのか?)

ではまた!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社 ホウライ  樋口 勇紀

〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
            
URL: www.hourai.info/

TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++