「アルファ」

「アルファ」
IMG_0138.jpg

「アルファ」

プリウスアルファに乗って約1年。その前のイプサムから比べると大きく変わった。
1年乗ってみて色々なところが見えてきた。

以下にいくつか書いてみます。一般的に多く指摘されている部分は割愛します。

フロントボディ部分に虫が着きにくくなった。色は白だが白い塗装部分には虫はあま
り着かない。空気の流れを制御しているのか?、塗料の改善か?。

LEDプロジェクターヘッドライトは、大変広い範囲を均一に照らす。これは非常にい
い。夜の運転がかなりしやすい。オートレベリング機能もまずまず大丈夫。ときどき
パッシングされるが。

サイドウインドウの遮熱シートは、夏場はエアコンの効きが良いことから効果は十分
でているのだと思う。ただし、偏光のサングラスを掛けていると色が変になって見え
ることがある。周りの家の屋根がピンク色に見えたりする。偏光サングラスはそれ以
降使わないようにしている。

ハザードは押しにくい。最初これが一番気になった。咄嗟に押そうとするとワイパー
レバーに当たってしまった。どうにかしてほしい部分。

高速でのハンドリングも最初戸惑った。曲がり方が不自然で思ったように曲がらな
い。途中で曲がり方が変わるような感じで常に修正が必要になった。今は、良くなっ
たのか慣れたのか。あまり不都合を感じることはなくなった。

CVTのエンジンブレーキの利きは面白い。同じ制動力がずっと続く感じ。高速道路
では大変役立っている。長い下り坂用にローがあればいいのだが。

急ブレーキを踏んだときハザードが点灯したのには驚いた。こんな機能があるとは知
らなかった。

エンジンとモーターの制御は非常によく出来ていると思う。エンジンがかかるときに
セルモーターが回らないのもいい。うまく役割分担している感じがする。

街中では十分に良く走るが、高速で登りで追い越しという状況では、かなり苦しい。
車のエンジンがうなりを上げるというよりは、飛行機が離陸するときのエンジン全開
のような感じ。

バッテリーチャージは、エンジンブレーキでは弱く長くチャージし、フットブレーキ
では、短く強くチャージする。エンジンブレーキより積極的にフットブレーキを使っ
た方が良い場合もあるような気がする。Bで減速するとエンジンが回りEVでなくな
る。フットブレーキで減速するとEVのままである。

カーナビ、エアコンはボタンが減ってすっきり。デザイン的にもすっきりしたが、操
作は手数が増えてしまった。音量はボタンよりつまみを回す方がいいし、ディスクを
取り出すにもそこにたどりつくのに何回かボタンを押さなければならない。使い手よ
り作り手の思想が優先しているのでは?

Aピラーの位置が中々慣れない。交差点の右折で横断歩道を渡ってくる人が見えにく
いなど、肝心な部分の視界を確認するのに頭を大きく動かさなければならない。とき
どきひやりとする。

時速40km付近でエンジンが止まっている状況で走行中、高周波の音が気になる。
気になる人は結構耳障りになると思う。

色々書きましたが、良くまとまった車だと思う。そつなく何でもこなす。普段使いで
あれば、車幅も大きくないのでそれほど気も遣わなくて良いし。ガソリン代も以前の
半分以下になったし。

運転に官能的な部分を求めなければ、目立った性能はないが地味に何でもこなす。す
るすると滑るように走る感覚はそれはそれで面白い。電子制御の介入が色々感じられ
不自然さも結構あるが、全体的にバランスの取れた車だと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

株式会社 ホウライ  宮下 順和

〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号

            

mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp

URL: http://www.hourai.info/

TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++