「均衡」

NO IMAGE

** 均衡 **
 
 
私が今後ますます登場すると予想するのがこの「均衡」という単語である。
 
これをテーマにした本などが次々出てくるのではないか。
 
と言っても、最近本屋さんなどで私の独特のアンテナにこの単語が引っかかってきたので勝手にそう思っているのであるが。
 
従って今回は勝手に「均衡」をテーマにして書いてみる。
 
 
[均衡」をネットで検索すると、「二つまたはそれ以上の物事の間で、力や重さなどの釣り合いがとれていること。バランス。」と出てくる。
 
最近取り巻く環境が目まぐるしく変化していることを考えると、いい加減に落ち着きたいという願望がみんなの根底にあるのではないか。
 
 
*今までに類を見ないくらいの自然災害による環境の変化
 
*海外で起こる出来事との連動が早くて身近になっている
 
*次から次へと出てくる最新テクノロジー
 
*静かに迫りくる高齢化と財政難
 
*最近暴かれることが多くなったと感じる不正や不倫
 
 
今上に上げた、関連のニュースが毎日日替わりで流れている。悪く考えるとどれを辿っても不安材料にいきついてしまう。
 
次から次へと試練が襲いかかってくる感じだ。それだから何となく世の中に閉塞感が漂っていると感じるのかもしれない。
 
 
もう揺さぶられるのは嫌だなと思うようになってくるだろう。それを現す単語のひとつが「均衡」である。
 
この「均衡」はこれから生きていくうえで重要になってくるだろう。
 
若い人がいたずらにものを消費しない。派手な生活を好まない人が多いというのも一つの結果としてあらわれていると思う。これは金銭的な均衡を保とうとすることだと思う。
 
また心を安定させることをテーマにした本を良くみるのも「均衡」が求められているのだろうと思う。
 
 
昔と違って色々な情報が手に入るようになった結果、選択肢が膨大に増えて一度に選択できる数も増えた。
 
よって個人個人で自分にあった生活スタイルを作ることができるようになってきたし、これからどんどんこの動きは加速するだろう。
 
そうなると自分の人生は自分なりに自分で色々なものを選んで破たんしないように「均衡」保たなければならない。
 
周りの出来事に、壊滅的に大きく影響されることない状態を日々作っておかなければならない。
 
 
私は、常に三脚を意識している。三脚は下がどんなに凸凹でも安定する。3本の脚の長さと角度を調節すれば安定する。
 
大きく見ると仕事、家庭、趣味で「均衡」=バランスを取るようにしている。仕事で3本柱、家庭で自分、嫁、子供、趣味で3種類という感じで考えている。
 
 
ここ数年の仕事や読書による勉強で「均衡」を保つには、自分自身の考え方が一番大事だと分かった。
 
 
自分と会社をいかにそのときの世の中に合わせて変えていけるか。ここに注意していきたい。
 
 
 
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社 ホウライ  宮下 順和
〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
            
mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp
URL: http://www.hourai.info/
 
TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++