「やさしい」

NO IMAGE

「やさしい」
 
 
GW前、子供の学校では、家庭訪問の真っ最中である。
 
ああ。そういえば私も経験した。
 
先生が自分の家に来ることの変な恥ずかしさ。
 
親と先生が話すことにより、自分のいやな部分を暴露されないか?そんなことばかり気になっていた。家庭訪問後、先生も親も態度が変わらなかったらほっとしたものだ。
 
 
ところで
うちの子供の先生は、訪問先の親に自分の子供のいいところは何かを3つ聞いている。
 
その聞いた結果を学級新聞で見せてもらった。
 
その結果、「やさしい」が一番多い。このことから何が読みとれるのか。
 
思いつく限り書いてみた。
 
1.文字通り子供が親にやさしい。親がやさしいと感じる行動を子供が家で取っている。
 
2.親が子供のいいところをうまく表現できなくてとりあえず書いている。
 
3.実際は反対で親の願望を書いている。
 
4.学級新聞で配られることを前提に世間体を気にして書いている。実像とは関係ない?
 
5.これは子供が親に対する態度?であって友達や先生に接するときの態度とは限らない。
 
3つ挙げられた子供の良い点は、
その他に、素直、思いやりがある。など当たり障りがない。本当なら良いところ3つを読んで誰か分かるくらいの個性があって欲しいと私は思う。
 
また、親のコメントと先生の感想との間に大きな乖離がある場合、その子供は家か学校かで取り繕っていることになる。
 
場合によっては子供からの何らかの危険信号ではないか。周りの大人は注意深く見守る必要があると思う。
 
うちの子は、あまり乖離がなさそうである。その点は一安心。
 
ちなみに家庭訪問した結果というのはどのように活用されるのだろうか?
 
私の頃と事情が相当異なっている現在、どういう点をチェックしているのだろうか。
 
興味津々ではある。
 
子供の家庭訪問について考えたが、よく考えれば大人の会社にも家庭訪問はある。
 
監査、調査、査察、検査
 
どれもあんまりいいものではない。子供の家庭訪問の方がはるかにマシだな。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社 ホウライ  宮下 順和
〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
            
mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp
URL: http://www.hourai.info/
 
TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++