「家」

NO IMAGE

 
「家」
 
 
先日車で走っていたら、家の軒先に「借り手募集」の看板があった。
 
空き駐車場がありますというノリで家の借り手を探しているのである。
 
恐らく家賃は交渉次第となるであろう。
 
 
家は、今重要なテーマだと思っている。
 
昔のように仕事がいっぱいあり、年々収入が勝手に増えていくという状況ではなくなってきている。
 
そんな中で、住宅ローンは大きな出費の一つである。
 
まして、これから人口減という世の中。家は確実に余ってくる。
 
持ち家というのは確かにいいものだとは思う。私もマンションを購入した口だし。
 
自分の家を持ちたいという希望が強い人はそのために頑張って購入を目指せばいいだろう。
 
 
しかし、最近の状況をみていると持ち家が必ずしもいいとは言えないような感じがしてきた。
 
私がまだ家を買っていなかったら後5年くらい賃貸で様子をみるかもし買うとしても中古を探すだろう。もちろん耐震など考慮して。
 
なぜならば
 
*土地の値段が下がる場合が出てきている
 
*家自体が余ってきている
 
*天災で家自体が壊れてしまう可能性がある
 
*その時々の家族構成によって最適な家の広さや構造が変わる
 
*グローバル化で海外での勤務も含めて転勤がより一般的になってきている
 
 
今回の台風で東北地方の被害が報道された。大変な被害である。
 
中には、震災の前に家を建ててローンを組んだものの、震災で家が全壊。そしてまた建てたものの今回の台風でまた半壊という方が
 
おられるかもしれない。
 
自分の家がなくなるというのは、大変なダメージである。自分自身が痛むより辛いと感じる方もおられるだろう。
 
私の生まれ育った家も工場にするために壊したのだが、それでも泣きそうになったことを思い出す。
 
 
そんなことに思いをめぐらせたとき、・・・・・賃貸の方が気楽でいいんじゃない?
 
固定資産税かからないし、余ってきている家だと安く住めるし、壊れても体が大丈夫だったら家財道具の損失だけで済むし、
すぐ次の家探せばいいし、家族が増えれば広い家、減れば狭い家を探せばいいし、転勤、転職になっても気軽に移れるし。
 
何が起こるかますます分からなくなってきた今の時代。家自体一種の消耗品と割り切らないとやっていけないのではないか。
 
そんなことを考えてしまった。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
株式会社 ホウライ  宮下 順和
〒578-0901 大阪府東大阪市加納8丁目5番5号
            
mail:hourai-miyasita@viola.ocn.ne.jp
URL: http://www.hourai.info/
 
TEL:072-871-4848 FAX:072-874-0282
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++